きらくや社長の月並みな生活

「三谷幸喜のありふれた生活」の向こうを張って「きらくや社長の月並みな生活」を初めました。2008年1月からきらくに思いつきで始めました。どうぞご笑覧下さい。
福島県郡山市 磐梯熱海温泉 紅葉館きらくや
本当に道路除染は必要か
この建物の表示を見て腹がったった。原発事故から五年も経過した道路を今更除染とはなんなのだ

そして、下記の投書となる。ローカル新聞への投稿ならまず載りません。行政への批判はしないのが地方紙の鉄則。
そして朝日新聞への投書となった。

| 東日本大震災 | 12:07 | comments(0) | -
掲載写真の元データ欲しい方はcommentsから連絡下さい。 メールで送付します。
安積山登山、竹ノ内口
時夫さんとまー君と安積山へ。どちらかと言うと人が来ない山での登山は危険が伴う。時夫さんに付いて行って貰ったが正解に近い。かれは全日本スキー連盟の指導員、安積高校山岳部の後輩です。

何十回も登っている安積山、初めて中山竹の内からの登山です。そんな道知りませんでした。大げさに言うと槍ヶ岳の北鎌尾根状況。

頂上の双耳峰の間にでました。通常道から登ると登った、でももう一山と加速を付けて二つ目の頂上を目指すので中山竹之内登山口で気が付きませんでした。

高校生の頃を思い出しました。たしか親子熊が下がって行ったけもの道でした。

老人の私もまー君もコタコタです。
ここは林道から登山道に入るところです。

熊には遭遇しなかったが私達の後ろをイノシシが猛スピードで飛び出してきた。まー君に追いかけられていた。
そういえば犬を放してつれて行くと潜んでいる熊を追い立てる事になるから気を付けろといわれたっけ

唯一東に広がる景色で西部第二工業団地が見えます


途中、石割りアオダモには〆縄が掛かっていました。


頂上に着いて私は疲労困憊。マー君もけっこう疲れています。





とみのくち、ここから温泉街まで3辧8亀い併は走って往復30分でしたが片道歩いて40分掛かりました。

この山行で齢を感じました
| ニュース・私の視点で | 15:51 | comments(0) | -
掲載写真の元データ欲しい方はcommentsから連絡下さい。 メールで送付します。
第38回安積高校合唱団演奏会
第38回安積高合唱団のジョン、ラターのGloriaミサはトランペットの名手佐藤秀徳氏をアンサンブルリーダーとする金管八重奏とパーカッション、オルガンの伴奏、指揮は新任の鈴木敦音楽教諭でとてもすばらしかったです。弦楽の亀岡先生と吹奏楽の冨樫先生も見に来ていました。
この合唱はOBも賛助出演されていますが欲を言えばOB無しでこれくらいの人数は確保したいものです。

写真は私の前で取材撮影をしていた福島民報の三神尚子報道副部長がら特別おねだりして頂いたものです。
新聞記事にもなったのでやっと掲載します。
ー 場所: 郡山市民文化センター
| 音楽 | 11:16 | comments(0) | -
掲載写真の元データ欲しい方はcommentsから連絡下さい。 メールで送付します。
木の露天風呂
木の露天風呂が展開するストリートビューで見えます。

| - | 12:56 | comments(0) | -
掲載写真の元データ欲しい方はcommentsから連絡下さい。 メールで送付します。
何十回目かの銚子ヶ滝
我が友人、東條文亮君の最後の日本百名山登頂に触発され、私もミニトレッキング。マー君と安達太良山のふところの銚子ヶ滝へ行ってきた。

滝の前で記念撮影。
「マー君お座り、待て。動くなよ!」パチリ。うまくいった。マー君は11才になりました


のどが渇いて沢に入るマー君
| 郡山近隣の見どころ | 10:18 | comments(0) | -
掲載写真の元データ欲しい方はcommentsから連絡下さい。 メールで送付します。
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
LINK
ブログランキング・にほんブログ村へ